So-net無料ブログ作成
検索選択

田中麻衣美の筋肉や握力が凄い!競輪選手なの!成績や結婚の噂も? [女子オートレーサー]

今、ガールズケイリンで最も注目されているのが、元モデルという

異色の経歴を持つ田中麻衣美さんですね!元モデルというだけあって、

ルックスは抜群!競輪業界にとっても期待のホープであるという。

ta.jpg

昨今では、「ガールズケイリン」の“顔”として活躍するほか、

グラビアにも挑戦しています。「ガールズケイリン」は、

ロンドン五輪で女子の競輪が正式種目になったこともあり、

エキシビションとして2008年から行われていたガールズケイリンの

名称を引き継ぎ、2012年7月、プロスポーツとしての女子競輪を

スタートさせたのであります。

田中麻衣美さんは、お洒落なホームページに、mihimaru GTによる

オフィシャルイメージソングや、Facebookやblogも駆使し、爽やかな

魅力を積極的に発信しています。

ta6.jpg

田中麻衣美プロフィール


田中 麻衣美(たなか まいみ、1982年8月11日 - )は、

ta4.jpg

新潟県新潟市出身の元モデルで、現在は日本競輪選手会

新潟支部所属の女子競輪選手。

愛称はまいみん。血液型はB型。

新潟青陵高校を卒業後、エステティシャンやウエディングモデルを経て、

弥彦競輪PRユニット・すぴRitsで畑中まいみとして活動。

2010年、弥彦競輪場が「CLUB SPIRITS」というサイクリングクラブを

発足したことを受け加入する。

2012年7月開始予定の女子競輪選手を目指すことになり、同じ志を持った

加瀬加奈子、藤原亜衣里、中川諒子の3人とともに共同生活をスタートした。

2011年2月25日、上記3名とともに、第1回競輪学校女子第1回試験に合格。

2012年5月1日、日本競輪選手会新潟支部所属の競輪選手として登録された。

同年7月6日、京王閣競輪場でデビュー戦を迎えて以来、着順的に厳しい

状態が続いていたが、勝ち気の姿勢が功を奏し、同年11月25日には

初の決勝進出を果たし、そのルックスとともに未来の活躍が期待されて

いますね。そして、待望の初勝利が与えられました^^/

2013年4月21日、平塚競輪場で初勝利 !日々の鍛錬の結果が出ましたね!

田中麻衣美さんの得意戦法は:先行逃げ切り。脚質:スプリンター。

File 1 田中 麻衣美 モデルからガールズケイリンの世界へ



キャンペーンガールからプロ競輪選手へ

ヴィーナスのごとき”美しさ”と、アマゾネスのごとき”強さ”を併せ持つ

競輪選手である。田中麻衣美さん、新潟県出身で、中学、高校では

ta5.jpg

陸上競技の短距離選手だったそうです。卒業後はエステティシャンと

ウエディングモデルをしていた。いわゆる新潟美人であります。

「女子が競輪なんて……」。そんな巷(ちまた)の声に田中は反発する。

実はとても負けず嫌い。二重まぶたの目からは強い意志が感じられる。

「オンナでも自転車に乗れるところを見せたい。”できるわけない”と

言われると、ちょっとカチンッときます。絶対にできると思いますから」
 
なぜ、競輪を? もう何百回も聞かれてきたであろう質問をぶつけると、

チャーミングな笑顔で丁寧に答えてくれた。

2008年7月。ひょんなことから、地元新潟の弥彦競輪場のイベントで、

女子ケイリンのエキシビションチームのメンバーになった。

自転車に乗れるかどうかわからないと躊躇(ちゅうちょ)したんですが、

ta8.jpg

『とりあえずバンクを走ってみて』と言われて・・・」

そのまま競輪のキャンペーンガールを続け、転機が訪れたのは昨年2月。

初めてピスト(トラックレースに使用する自転車)に乗って、本格的な

「ガールズケイリン」に出場する羽目になったという。女子自転車の

トップ選手が集まる合宿に参加させられた。力の差に愕然(がくぜん)

なってしまったという。「タイムにすっごい差があった。吐いたり、

風邪をひいたり、落車したり……。

精神的にも、肉体的にもすごくきつかった」

レースに出るのはもうやめようと思った。だが、ガールズケイリンの

コーチに言われた。「ここで逃げたら、おまえは終わりだ」と。

生来の負けじ魂に火がついた。結局、レースに出場した。

ダントツの最下位。レースを追う画面に姿が映らなかった・・・。

悔しくて泣きじゃくったという。「がんばっても、がんばっても、

差が縮まらなかった。でも遠くからきたファンの方から『よくがんばったね』

と言ってもらえたのです。それがうれしかった」という。

ta2.jpg

田中は覚悟を決めた。そして昨年4月、ガールズケイリンの

育成チーム、新潟の『クラブ・スピリッツ』に入った。

今や記録は飛躍的に伸びている。課題が上半身の筋力、瞬発力。

先の競輪学校の体育祭ではアームレスリングで2位となった。

166cm、60kg。腕も太ももも少し太くなった。気のせいか、

顔もたくましくなった。

競輪学校は化粧恋愛も禁止!

田中麻衣美さんが、競輪学校にいた頃の話ですね^^;

最近、化粧してないほうがイイねって言われます」(笑い)

ta1.jpg

恋愛はひと休み、目下、自転車が恋人みたいなものだそうです。

趣味は温泉、お酒、カラオケ。十八番が演歌で『津軽海峡・冬景色』

『津軽じょんがら節』という。「お酒を飲みながら演歌を歌いたいな」

夢はといえば、「南国に住むこと」。 人に負けたくない。

自分にも負けたくない。目標はもちろん、プロの競輪選手。

7月上旬、地元の弥彦競輪場でガールズケイリンの

エキシビションレースに出場した。

今度は真剣勝負だった。だんご状態でゴールした。

ta9.jpg

最下位だったけれど、接戦だった。満員の観客から、

「マイミちゃん、お帰り~」「よくやった」との掛け声ももらった。
 
より速く、より強く、そしてより美しく――。

負けん気の塊(かたまり)のごとき、田中麻衣美さんでした。

ta11.jpg

最後まで読んで頂き有り難うございます

もし宜しければコメント欄に感想などを

頂ければ幸いです!

では又お会いしましょう




スポンサードリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。