So-net無料ブログ作成

上地結衣が可愛い!全豪オープン車いすテニス女子ダブルスで優勝! [アスリート達の森]

上地結衣さんが、2015年1月30日 21:01【全豪オープン12日目】

全豪オープンテニス 車いすテニス女子ダブルス決勝で、

j6.jpg

3時間21分の激闘の末、上地 結衣選手とジョーダン・ワイリー選手組が

優勝しました!

1-1で迎えたファイナルセット、両ペアとも譲らないゲームが続きました。

最後の最後まで激戦でしたが、最後は上地選手ペアが見事に勝ち切りました。

上地結衣さんは、先天性の潜在性二分脊椎症で、元々、装具をつけて歩くことは

できていたのですが、成長とともに歩行困難になり、小学校4年の終わり頃からは

その、身体障害にもめげず、車いすバスケットボールを始め、そのメンバーの

紹介により、

j1.jpg

11歳からは車いすテニスを始めました。懸命な努力の甲斐があって

14歳の時、史上最年少で日本ランキング1位になりました。(凄い!)

2008年、全日本選抜車いすテニス選手権大会で初優勝し、それ以降も6連覇中。

また、ピースカップでも、2008年にシングルスで初優勝しており、

2011年からは3連覇中です。

j5.jpg


上地選手は、16歳から本格的に海外ツアーを転戦。18歳から力をつけ始め、

昨年初めてグランドスラムに出場し、全仏オープンではダブルス準優勝しています。

そして、2013年4月に行われた「ダンロップ神戸オープン2013」では、

見事シングルス優勝し5連覇を達成しました。

現在、日本国内ランキングはシングルス、ダブルスともに1位です。

今後も世界ツアーでの活躍が期待されています。

そんな、素晴らしい上地結衣さんの最近の様子や沖縄キャンプ

彼女のこれまでの人生と、エピソード等に迫ってみました。

スポンサードリンク






上地結衣プロフィールとエピソード
本名:上地結衣(かみじ ゆい)

j7.jpg

フルネーム:Yui Kamiji

国籍:日本

出身地:兵庫県

生年月日:1994年4月24日

身長:143cm

利き手: 左

出身校:明石市立明石商業高等学校卒業

j11.jpg

4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(2014)
全仏 優勝(2014)
全米 優勝(2014)
優勝回数 2

4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2014)
全仏 優勝(2014)
全英 優勝(2014)
全米 優勝(2014)
優勝回数 4

キャリア自己最高ランキング
シングルス1位(2014年5月19日)
ダブルス 1位(2014年6月9日)

j9.jpg

先天性の潜在性二分脊椎症で、元々は装具をつけて歩くことはできていたが、

成長とともに歩行困難になり、小学校4年の終わり頃から車いすバスケットボールを

始め、そのメンバーの紹介により、11歳から車いすテニスを始める。

14歳の時、史上最年少で日本ランキング1位になりました。

高校3年でロンドンパラリンピックに日本代表として参加し、シングルス・ダブルス

(パートナーは堂森佳南子)ともにベスト8入賞、それまでは大会後にテニスを

辞めるつもりだったが、パラリンピックという世界最高峰の舞台に立ったことで、

テニスプレーヤーとして生きていくことを決断したという。

2013年、マスターズシングルスで、オランダ人選手以外では初となる優勝を

果たしました。

j4.jpg

上地結衣さんの輝かしいこれまでの戦績です。

2014年、男子シングルスの国枝慎吾と史上初の日本人男女優勝であった。

2014年、全豪オープンダブルスでグランドスラム初優勝。全仏オープンでは

シングルス・ダブルス優勝。ウィンブルドン(ダブルスのみ開催)でダブルス優勝。

グランドスラム3大会連続優勝を果たした(ダブルスのパートナーは、

いずれもジョーダン・ホワイリー)。全米オープン(ニューヨーク)

j.jpg

でもシングルス・ダブルスで優勝し、ダブルスで年間グランドスラム達成。

上地結衣選手も、シングルス準決勝で、サビーネ・エラルブロック選手

(ドイツ)を6-2 6-1で破り、2年連続2度目の決勝進出!

そして、ダブルス準決勝も、6-4、6-3のストレートで勝ち、

こちらも決勝進出です!!

全仏オープンで四大大会初優勝をはたした上地結衣選手!


スポンサードリンク






オーストラリア遠征に向けて沖縄キャンプ

6日、那覇市若狭に於いてオーストラリア遠征に向けて練習に汗を

流す上地結衣選手

j2.jpg

車いすテニスプレーヤーで兵庫県出身の上地(かみじ)結衣が4日から県内

で合宿を行っている。今月中旬からオーストラリアに遠征して全豪オープンなどに

挑むため「暖かい所でトレーニングをして体力や筋力を強化したい」

と意気込んでいました。

昨年は女子ダブルスで全豪、全仏、全英、全米の四大大会を制し、

年間グランドスラムを達成。シングルスでも全仏と全米で栄冠を手にしました。

「(9月の)全米オープンまではうまくいき過ぎた」と振り返る一方で

10月の仁川アジアパラ大会と12月のマスターズのシングルスで思うような

成績を残せず「最後の2大会で優勝できなかったことの方が大きかった」

と満足はしていない様子だった。

j8.jpg

世界ランク1位という肩書を持って挑んだ大会で「自分自身にプレッシャー

を与えてしまった」と優勝を逃した原因は見えている様子だ。

「去年はいい結果を残したけど最後は悔しさを味わった。ことしも気を

抜いてはいけない」と引き締まった表情を見せていた。

10日からオーストラリアに向かい、シドニーとメルボルンで大会に出場した後に

全豪オープンに挑む。「去年の負けた試合では体力面に問題があった」と言い、

県内の合宿でも体力強化に力を入れている。「ことしはダブルスでもシングルスでも

グランドスラムを取って、マスターズでも優勝する」と強い決意を胸に

抱いていましたね。

2016年パラリンピックでも頑張って欲しいですね!!

スポンサードリンク







最後まで読んで頂き有り難うございます

では又お会いしましょう






スポンサードリンク




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。